歴史

昭和20年春
後の初代指揮者となる村上輝雄氏のもとに実験助手の女性が数人集まり、小曲のコーラスを始める。
昭和20年11月
愛唱曲Nägeli作曲の「白ばらの匂ふ夕べは」にちなんで"白ばら会合唱団"と命名される。 当時学内唯一の合唱団であった。終戦を迎え、それに伴い会員が増加。
昭和21年3月
練習日が毎週土曜日となり、本格的な合唱を目指し始める。
昭和21年12月
白ばら会の男性会員が東大合唱団(現コール・アカデミー)を再建し、合同発表を行う。
昭和21年1・2月
練習場所が学内の第二食堂三階に定まり、役職の設置、日記表の作成など大合唱に即した組織作りが進む。
昭和22年
東大五月合唱祭や文化発表会合唱祭に参加し好評を博す。
昭和23年11月
合唱コンクールに初参加。これを機に指揮者として専門家を呼ぶ事になり、須賀靖元氏(芸大教授)が就任。
昭和24年
最初のレコード録音以後、東大唯一の混声合唱団としてコンクール・放送に大活躍!
昭和26年
白ばら会誌の創刊。白秋の詩にちなみ、"ばらの木"と名付けられる。会員数減少。 OBの合唱団から学生の合唱団へ。
昭和28年12月
須賀氏辞任に伴い、山本金雄氏が指揮者に就任。旧制から新制へと変わり、学内の混声合唱団も二つとなる。
昭和32年1月
ヤマハホールにて第一会定期演奏会。
昭和33年10月
"最高水準の合唱団と一流指揮者総出演"と銘打った「合唱の祭典」に参加。
昭和36年1月
第二回定期演奏会。これ以降定演が白ばら会活動の一大行事となる。
昭和37年1月
全東大での音楽会を初開催。
昭和42年
駒場で定演のために昼休み練習を始める。
昭和45年
この頃から水曜日に本郷で自由練習が行われたり、夏合宿で音楽会を開き互いに発表しあうなど自主的な活動が見られるようになる。
昭和45年12月
定演で新しい愛唱曲「夜のうた」を歌うようになる。
昭和47年7月
白ばら会の先輩稲木哲郎氏が常任指揮者に就任。 ---新人の急増。会員数が150人を越えるにいたった時も。
昭和50年3月
草下實氏が常任指揮者に就任。
昭和51年3月
熊谷卓氏が常任指揮者に就任。
昭和54年
お茶の水女子大で水曜練習が始まる。
昭和60年
白ばら会創立40周年記念パーティーが開かれる。
平成2年10月
卒団生が正式な同窓会「合唱団ばらの木」を結成し、「第九」の演奏会を開く。
平成5年4月
安田講堂にて、コール・ユリゼン有志と共に、ノルウェー王国立オスロー大学スコラ・カントールム室内合唱団との交流音楽祭を行う。
平成5年12月
糀場富美子さんによる委嘱作品「人間たちへ」が初演される。
平成7年
創立50周年、記念パーティーが催される。
平成17年
創立60周年を迎える。
平成21年       
定期演奏会が50回目を迎える。       
     
平成27年
創立70周年を迎える。
お問い合わせ、見学・入団希望は wrhanako(a)gmail.com へお願いします。spam防止のため(a)を@に変えてください。
Powered by MODx / ecran